日東工業株式会社
Nitto Industry Co.,Ltd.

 会 社 概 要

設立 1939年
2011年度売上 13億円
資本金 1億円
従業員数 90名(派遣等含む)
事業内容 小型薄肉精密鋳造・機械加工・研削加工・電子部品微細加工
主要取引先 IHIシバウラ・クボタ・コマツ・テクニスコ・日本ピストンリング・マイクロテクノ・マツダ・三菱重工・ヤンマー・ヨシワ工業・リケン等

 沿  革

明治18年 創業者 村井吉五郎が大阪難波稲荷町にて『村井琺瑯工場』を設立。我が国初の琺瑯鉄器の製造を始める。医療器具、家庭用器具の琺瑯製品を販売。陸海軍用食器採用納入。
昭和14年 資本金100万円にて日東精工株式会社を設立。広島県賀茂郡に『川尻製作所』(現日東工業川尻製作所)を完成し、村井八郎が初代社長に就任する。
昭和26年 紡績用リングでJIS規格表示工場となる。
昭和31年 車両エアブレーキ用各種空圧コック類の製造開始。
昭和33年 シェルモールド鋳造ライン導入。自動車及びディーゼルエンジン部品の製造開始。
昭和41年 資本金を1億円に増資する。社長 村井八郎は大阪商工会議所副会頭に就任。以後、昭和56年まで16年間役職を勤める。
昭和44年 日本燃焼器具検査協会の型式検査に合格する。
昭和46年 社長 村井八郎 勲二等瑞宝章を受章。
昭和48年 生型鋳物製造ラインを導入。
昭和54年 マシニングセンター、NC旋盤を導入し、本格的に機械加工分野に参入。大阪、兵庫、京都の各府県市より建築衛生器材の指定業者に登録される。
昭和56年 日本水道協会検査工場に登録される。
平成2年 工作機械、生産財の部品加工を拡大する為、マシニングセンター工場増設。
平成7年 タペット製造を中心としたシェルモールド鋳造ラインを充実する為、専用工場を建設。
鋳物の海外調達をはかる為、中国邯鄲市に日中合弁企業『邯鄲日東機械有限公司』を設立。
平成15年 邯鄲日東機械有限公司ISO9001及びQS9000認証取得
平成16年 日東工業川尻製作所ISO9001認証取得
平成19年 日東工業川尻製作所エコアクション21認証取得
平成23年 株式譲受により島根県大田市に石見日東株式会社を設立。川尻,中国邯鄲市に次いでグループ3箇所目の生産拠点とする。
平成24年 拡大する中国市場の需要に対応する為、二社目の中国現法「日夢機械(リーマンマシン)有限公司」を当社100%出資により設立